薔薇の写譜展 <小川勝久>   

秋のバラはとってもしっかりとして、よい香りがする。
そこにいるだけで、酔ってしまいそう。

フォトアート教室の片岡先生にご案内いただいた小川勝久先生の写真展へ出かけた。
c0221993_10264631.jpg
200年をさかのぼり、「薔薇の画家」または「花の画家」と言われたルドゥーテを思わせる作品の数々だ。
会場は、河原町三条下がったところ。
もう時間も遅かったので、わたしひとり・・・・
バッグとコートを、テーブルに置かせていただき、
手ぶらでゆっくりゆっくりと・・・・
あの会場貸切の時間。

Princess Diana of Walesのバラを見て・・・・・ 
涙が出そうになった。
ふと・・・BGMに酔いしていることに気づき・・・・
その曲は、マーラーの交響曲第5番第4楽章「アダージェット」
やさしくて美しいスローな曲です。
これは、マーラーが恋人アルマへのプロポーズ代わりに贈った「言葉なき歌曲」と
言われている曲を耳にしていた。

あとで、受付の方に、
「やさしくて素敵な音楽の中で、すばらしいフォトに酔いしてました」
と申し上げると、小川先生がCDの曲を選んでおられたとのこと。。。。
「おおっ~」と思った。

こんなやさしい気持ちにさせていただいて、
すてきな時間をもてたことに感謝!感謝!
こんなすてきな空間をいただけたこと、嬉しかったな~
貸切の空間~ なんてすてきなんだろう~
[PR]

by happyflora | 2009-10-26 22:22 | diary

<< ランタナ 長居植物園 >>