セーヌ川 ディナークルーズ   

セーヌ川のディナークルーズ。偶然にも七夕の夜の予約となりました。
評判のよい、Bateaux Parisiens(バトー・パリジャン)社のディナークルーズに申し込み、夜20時半に出発です。 
パリは、夜22時頃まで明るいので、出航も遅めです。

この写真は、下船時(夜23時)、ラストパフォーマンスです。

☆オリンパスPEN PL2 + パナ20mm F1.7
c0221993_3171915.jpg



セーヌ川には、たくさんの橋がかかっていますが、その中でもいちばん華麗と言われている「アレクサンドル三世橋」。1900年の、パリ国際万博の時に造られたそうです。
c0221993_3435927.jpg


セーヌ川からは、ルーブル美術館なども、パリの見どころを見ることができます。
船内から見上げる「オルセー美術館」。昨日行ったところです。
オルセー美術館は、1900年にオルレアン鉄道の終着駅として建てられた駅舎の建物をそのまま利用したびじゅつかんで、印象派の絵画を見ることができます。
ミレーの落穂ひろいや、ゴッホ、マネ、モネ、ルノワールなど。
c0221993_340625.jpg


セーヌ川のほとり。カップルたちは、等間隔に座っています。
まるで、京都の鴨川みたいです。
c0221993_3391227.jpg


実は、まだ出航していないのに、食前酒のキールロワイヤルからディナーがスタートされます。
アペリティフのあとの前菜は、
ブロッコリーの冷製ヴルーテとサーモンのタルタル
c0221993_3453636.jpg

メインディッシュは、牛フィレのロースト シャトーブリアンソース
c0221993_3375196.jpg


ワインも赤白、サービスされました。
日本人が参加する、My bus社のツアーに参加しましたが、同席のテーブルの方々とお喋りを楽しみ、素敵な時間となりました。

少しずつ暗くなり、灯りがともりはじめたところです。
c0221993_3363999.jpg



夜22時半頃、やっと暗くなりました。
行きに見たアレクサンドル三世橋に、ちょうど、ガス灯に灯がともり、美しい光景でした。
☆ + クロスフィルター
c0221993_332016.jpg



これは、本物の「自由の女神」
ここで、船はUターンします。 想像していたより、小さい象でしたが、自由の女神の後方には、ライトアップされたエッフェル塔が見え、とても素敵な光景!
c0221993_349515.jpg



船内から、ライトアップされたエッフェル塔です。
日中は、グレーの鉄塔という感じでしたが、とってもきれい。
船内のサービスの方の話では、エッフェル塔は、「鉄の女」という別名があるそうですよ。
写真ではどうしても船内の灯りの映り込みがありますが、とってもロマンチックで美しいエッフェル塔でした。
c0221993_3245292.jpg


エッフェル塔の船着き場に戻ったのは、夜23時。
10分間だけ、キラキラのイルミネーションというパフォーマンスがありました。
七夕の今日、星空は見ることができませんでしたが、エッフェル塔の光が、数多くの星を演出してくれていたようです。
日中は気づきませんでしたが、エッフェル塔のトップの電波塔、十字架の形をしていることに気づきました。
ちょっと感動!
穏やかな日が続きますように。。。。と願いました。

☆ せっかくなので、クロスフィルターを付けて。
c0221993_31301.jpg





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by happyflora | 2011-07-07 23:50 | France

<< ノートルダム大聖堂 ヴェルサイユ宮殿 <序論> >>