ノートルダム大聖堂   

セーヌ川の中州であるシテ島。ここはパリの発祥の地と言われているところです。
ここには、初期ゴシック建築が見事な「ノートルダム大聖堂」があります。
1163年に着工、完成までに170年かかったとか。
「地球の歩き方」によると、ノートルダムは「われらの貴婦人」という意味らしい。
シテ島を中心に、東西約8キロの河岸一帯が世界遺産に指定されているところです。

実は、これは、ノートルダム大聖堂の後ろからの風景です。穴場のショット(笑)
観光客は少なく、橋の上から撮りました。
☆PEN PL2 + 14-42mmII
水上船は高速で近づいてきます。今日、いちばん気に入った外からの風景です。
岸恵子さんの本で紹介されていたおすすめスポットでもあります。
c0221993_683247.jpg

遠目の風景は、こんな感じです。
c0221993_682552.jpg

船上カフェ、船上レストランもあります。
c0221993_684012.jpg


橋の上で、ジャズのパフォーマンス
c0221993_13593462.jpg

誰かが、チップボックスにコインをいれると、連鎖的に、次々コインを入れるのがおもしろい人間の心理です。

正面は、人だらけ。(あまり人がはいらないように撮りました)
c0221993_615144.jpg


大聖堂に隣接するカフェもひとだらけ
c0221993_13593461.jpg




外観はとても美しい。ほんとうに見事なゴシック建築です。
c0221993_651037.jpg

c0221993_652092.jpg



横から(セーヌ川から)もとても美しいです。
見上げると、こちらへ倒れてきそうに感じるくらいです。
c0221993_6133371.jpg


c0221993_6138100.jpg


c0221993_6125781.jpg


聖堂内のステンドグラスはとてもきれい。
c0221993_6161650.jpg


c0221993_6162535.jpg


また、聖堂内の灯りが、シャンデリアのようです(正面に向かってのショット)
c0221993_617770.jpg


このようなアーチが連なっています。
c0221993_617643.jpg


さて、パリは今日まで。明日からはレンタカーで郊外へ移動です。
パリでは、私が英語で尋ねても、フランス語で返答されるということが何度もありました。
教えてくれるんだから、英語わかってるんやん?
フランス語はちんぷんかんぷんだけど、手振りで教えてくれるフランス語も、なんだか意味が伝わってくる。。。。 という不思議感(笑)
明日からは、英語はほとんど通じないらしい。 まぁ、なんとかなるかな~
[PR]

by happyflora | 2011-07-08 23:00 | France

<< シャルトル大聖堂 (Cathe... セーヌ川 ディナークルーズ >>