カテゴリ:France( 44 )   

セーヌ川 ディナークルーズ   

セーヌ川のディナークルーズ。偶然にも七夕の夜の予約となりました。
評判のよい、Bateaux Parisiens(バトー・パリジャン)社のディナークルーズに申し込み、夜20時半に出発です。 
パリは、夜22時頃まで明るいので、出航も遅めです。

この写真は、下船時(夜23時)、ラストパフォーマンスです。

☆オリンパスPEN PL2 + パナ20mm F1.7
c0221993_3171915.jpg



セーヌ川には、たくさんの橋がかかっていますが、その中でもいちばん華麗と言われている「アレクサンドル三世橋」。1900年の、パリ国際万博の時に造られたそうです。
c0221993_3435927.jpg


セーヌ川からは、ルーブル美術館なども、パリの見どころを見ることができます。
船内から見上げる「オルセー美術館」。昨日行ったところです。
オルセー美術館は、1900年にオルレアン鉄道の終着駅として建てられた駅舎の建物をそのまま利用したびじゅつかんで、印象派の絵画を見ることができます。
ミレーの落穂ひろいや、ゴッホ、マネ、モネ、ルノワールなど。
c0221993_340625.jpg


セーヌ川のほとり。カップルたちは、等間隔に座っています。
まるで、京都の鴨川みたいです。
c0221993_3391227.jpg


実は、まだ出航していないのに、食前酒のキールロワイヤルからディナーがスタートされます。
アペリティフのあとの前菜は、
ブロッコリーの冷製ヴルーテとサーモンのタルタル
c0221993_3453636.jpg

メインディッシュは、牛フィレのロースト シャトーブリアンソース
c0221993_3375196.jpg


ワインも赤白、サービスされました。
日本人が参加する、My bus社のツアーに参加しましたが、同席のテーブルの方々とお喋りを楽しみ、素敵な時間となりました。

少しずつ暗くなり、灯りがともりはじめたところです。
c0221993_3363999.jpg



夜22時半頃、やっと暗くなりました。
行きに見たアレクサンドル三世橋に、ちょうど、ガス灯に灯がともり、美しい光景でした。
☆ + クロスフィルター
c0221993_332016.jpg



これは、本物の「自由の女神」
ここで、船はUターンします。 想像していたより、小さい象でしたが、自由の女神の後方には、ライトアップされたエッフェル塔が見え、とても素敵な光景!
c0221993_349515.jpg



船内から、ライトアップされたエッフェル塔です。
日中は、グレーの鉄塔という感じでしたが、とってもきれい。
船内のサービスの方の話では、エッフェル塔は、「鉄の女」という別名があるそうですよ。
写真ではどうしても船内の灯りの映り込みがありますが、とってもロマンチックで美しいエッフェル塔でした。
c0221993_3245292.jpg


エッフェル塔の船着き場に戻ったのは、夜23時。
10分間だけ、キラキラのイルミネーションというパフォーマンスがありました。
七夕の今日、星空は見ることができませんでしたが、エッフェル塔の光が、数多くの星を演出してくれていたようです。
日中は気づきませんでしたが、エッフェル塔のトップの電波塔、十字架の形をしていることに気づきました。
ちょっと感動!
穏やかな日が続きますように。。。。と願いました。

☆ せっかくなので、クロスフィルターを付けて。
c0221993_31301.jpg





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by happyflora | 2011-07-07 23:50 | France

ヴェルサイユ宮殿 <序論>   

ヴェルサイユ宮殿は1日かかるといわれているとおり、ほんとうに丸一日かかりました。
万歩計は、ナントナント2万歩(約13キロ)です。
足が棒になるって、こんなことを言うんだわ!! と、感じる一日でした。
ヴェルサイユ宮殿のお話は、またこんど改めてブログにまとめることにしますが、
本日は、イントロダクション(笑)

モンパルナスの駅から国鉄に乗っていくのですが、噂のTGVが停車しているのを見つけたので、ワンショット。

☆Olympus PEN PL2 + 14-42mm II
c0221993_092443.jpg


パリ市内の美術館は火曜日が休館日となっているところが多いのですが、ヴェルサイユ宮殿は火曜日はオープンしています。
そのために、パリ観光客が集中したのか、パリ祭が近いのか、夏休みシーズンなのかわかりませんが、とにかく、ひと!ひと!ひと!

私は、ミュージアムパスといって、4日間のパリ市内やヴェルサイユ宮殿の入館パスポートを買っていたので、チケットを買う時間は少しセーブできましたが、ほんとうにびっくりするくらいの人です。
宮殿観光と、公園とマリーアントワネット離宮の散策に、歩き回ることになるのです。
公園は暑いし、宮殿内はエアコンはありません。酸欠状態(笑)
とりあえず、今日のイントロダクションは、写真2枚だけアップします。

豪華絢爛の宮殿内の天井は、このような贅を尽くしたものばかり。
c0221993_010146.jpg


公園内は、このようなオブジェがあちこちに。。。。
c0221993_094481.jpg


絢爛豪華ですが、贅沢し過ぎ。。。。。
革命勃発も無理はありませんね。
しかしながら、この観光客に対して、入館料、公園入園料などなど。。。。ミュージアムパスポートを持っていても、公園入園料(7ユーロ)は必要で、何かと高すぎます。
宮殿と公園の紹介は、また日本に帰ってからでも。。。。
[PR]

by happyflora | 2011-07-05 00:05 | France

パリ散策のウォーミングアップ   

パリといえば凱旋門。今日はここを目指すことに!
今日の万歩計は、ナント12000歩(約8キロ)です。

☆Lumix GF-1 + 20mm F1.7
c0221993_7151079.jpg


今日は、パリ散策のウォーミングアップで、地下鉄に乗りました。
c0221993_7142331.jpg

100年も前に造られたという地下鉄メトロ。全部で14路線あります。
慣れたらとても便利だと聞いていましたが、乗り換えは、階段のアップダウンの多いことにびっくり。
日本に地下鉄が造られる前、ここパリに下見に来ていたそうであるから、実に機能的にできています。
確かに、一駅ごとが短いので、移動には便利かもしれません。

10枚のカルネ(回数券)を買うと、とても便利。
地下鉄の中は、決してきれいとはいえない。昼間の乗客は、ツーリスト、ビジネスマン、何をしてる人かわからないけれど、人種も多く、肌のいろも違います。イスラムの装いをしている人もいます。
ほんと、いろいろな人がいますが、日本の地下鉄の車内と同じことは。。。。
多くの人たちが、iPhone、スマートフォン、携帯メイル、携帯電話をしている人が多いこと。。。。
日本とおんなじね・・・・ と思わず心の中で苦笑。
地下鉄車内は、クーラーも効いていないし、多少の落書きもありますが、乗客はマナーもよい。
じゅうぶん、機能を果たしています。
それに比べて、日本の地下鉄はきれいで、比較的安全で。。。。。
とても明るい。。。。 そう、いまの日本の情勢では、過剰すぎるくらいに電気エネルギーを使っているんだと痛感しました。

私たちは、シャンゼリゼ界隈を歩いてみようということになりました。
こんなカフェやレストランのテラスが軒を連ねています。
この赤いパラソルのお店は、映画俳優さんたちもお茶を楽しんでいるカフェだそうです。
c0221993_7314957.jpg

シャンゼリゼ通りのカフェやビストロは、歩道にもテーブルを出していますが、
パラソルの色は、赤、青、白と、フランスの国旗色が使われています。
ちょっとぶらぶら歩いてみました。
c0221993_715223.jpg

この凱旋門は、ナポレオンが「世界最大の門を!」ということで1806年に着工して30年かかって出来上がったそうです。でも、完成時にはすでにナポレオンは亡くなっていました。
凱旋門は高さ50m、幅45m とても交通量が多い交差点です。
屋上は展望台になっています。
c0221993_882695.jpg


このシャンゼリゼ通りは、高級ブティック街でもあります。
ここ、凱旋門の一番近いところにあるショップはカルティエ、さすがですね~
c0221993_7151694.jpg


ムール貝を食べに立ち寄ったお店。Leon de Bruxelles
c0221993_7311876.jpg

セットメニューで、出てきたムール貝です011.gif
c0221993_7311720.jpg


私は、貝類が苦手なので、チキンのチーズクリーム煮込みをオーダー
c0221993_7312933.jpg

もれなくディッシュについてくるフライドポテト。
フレンチフライともいいますが、フライドポテトはアメリカが発祥と思う人も多いみたいですが、実は発祥地はフランスだそうです。だから、フレンチフライというそうです。

ここのお店は、観光客相手のお店なので、サービス料が19%、それにtax 5%が載せられて、かなり高額。
昨日の地元が集まるブラッセリーは、サービス料はありませんでした。
デザートは大きなクレームブリュレ。二人分はある量です。
c0221993_7313932.jpg


明日以降のスケジュール手配のために、オペラ座界隈のJCBプラザへ移動しました。
この正面は、かの有名なオペラ座(パレ・ガルニエ)。「オペラ座の怪人」の舞台となったところです。
絢爛豪華な外観で、オペラ・バレエのファンの憧れのスポット。
c0221993_7335514.jpg


街角は、カフェばかり。みんな、おしゃべりを楽しんでいます。
c0221993_7335760.jpg

[PR]

by happyflora | 2011-07-04 07:13 | France

チャイナエアでフランスへ   

チャイナエアで北京経由、フランスへの旅。。。
関空から北京まで約3時間。1時間半程の乗り換え時間の後、北京からパリ・シャルル・ド・ゴールドまで約13時間のフライトです。
中国へ出張中の相方と、北京空港で合流。
待ち合わせ失敗時の最悪の場合は、機内のシートで合流することになっていたけれど、
私のフライトも早く着いたので、無事合流!

☆Lumix GF-1 + 20mm
c0221993_6295256.jpg

広い空港で、関西空港は比ではありません。
c0221993_629539.jpg


機内は、中国人が多かったのですが、乗客は90%くらい。
驚いたのは。。。。。 飛行中に立っている人がなんと多いこと!!
まあ、エコノミー症候群の防御にはよいかもしれませんが、
つり革はないものの、まるで阪急電車の中みたい(笑)
離陸直後から、リクライニング・シートを平気で倒し、機内の通路は、お手洗い待ちでもないのに、立っている人がたくさんいるのです。
日本や欧米の航空会社ではありえないマナーの悪さにびっくり。
いきなり伸びをする人、体操をする人がいて、このような機内の状態、私には初光景。

かなり長時間のフライトということで、以前、時差ボケに苦しんだので、
今回は、北京を飛んだあと、レンドルミン(軽い睡眠導入剤)を頼り、5時間弱は何とか眠れました。

3回連続、機内食。。。。 人間のおなかは不思議です。
座って寝ているだけなのに、おなかは減ります(笑)
この3回の機内食は、ほとんど完食(笑)

パリの空港からはモンパルナス駅までのリムジンバスに乗って約1時間。
ホテルは、モンパルナスの駅からすぐのところです。
エッフェル塔が見えました! スーツケースを転がしながら、パリに到着したんだなぁ~と、ちょっと感動!
バスの中ではほとんど寝ていたようです。気がついたらパリ市内。
パリの長距離列車の主要駅、リヨン駅が見えました。
車内窓からパチリ。これは夜8時過ぎの光景です。夜10時頃まで明るいのです。
c0221993_6295685.jpg


眠たいし、おなかもすいた。。。。でも、もう動けない。。。。
ホテルの前にあったブラッセリーで軽い食事。
c0221993_6301170.jpg

といっても、写真を見ると、いきなりパテとステーキ? という感じですが(笑)
c0221993_6511318.jpg

パテを食べきるか、お皿を終えないと、次のディッシュがでてきません。
これが、マナーのようです。
c0221993_63018100.jpg

このサーロイン、全然脂っぽくないのです。
相方は、本日のおすすめのお魚。付け合せの野菜は、ラタトゥーユのような味付けで美味しい。
c0221993_6594940.jpg


実は、隣のテーブルのおふた方が、おいしそうに食べているのを見て選んだみたい。
隣接するテーブルの方たちと、ちょっとおしゃべり。。。。
ここのブラッセリーは、観光客相手じゃなないので、みんな和気藹々と、あいさつをして、おしゃべりを楽しんでいる。。。。 食べ終わったら、次の来客のためにさっさと席を立って、Standing Barのところで、続きのおしゃべりを楽しんでいる。実じ、ゆかいな光景です。
c0221993_23145039.jpg

c0221993_23165344.jpg



眠気もピークにきたので、到着日はおしまい。
c0221993_6512353.jpg

[PR]

by happyflora | 2011-07-03 23:28 | France